脂肪肝にお悩みの方へ、お酒、アルコールを飲むならこちらのサプリ!

脂肪肝を治すならコチラがおすすめです!

脂肪肝とは、アルコールの飲み過ぎや過食などが進んだ結果、肝臓が本来行う無毒化ができず、その無毒化の途中で 肝臓内に脂肪のストックが増えて、肝臓のまわりに脂肪がついてしまうことを言いますよね。これは、本来は、肝臓で無毒化され体外に排出されなければならないものです。

 

この脂肪肝ですが、ほおっておくと、肝臓が正常に働いていないことの結果ですので、高血圧、動みやく効果、糖尿病などにつながる危険性がありますので、できるだけ早くケアすることが必要です。

 

とは、言っても、なかなか病院に行けない方や、また、脂肪肝には、運動をすることも効果的ですが、運動も継続的にすることも難しい方がいると思います。そこで、脂肪肝を治すのに、おすすめなのが、こちらの「タウリン」と「オルニチン」という成分です。

 

まず、「タウリン」ですが、これは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして脂肪肝を良くする働きがあります。そして、この「タウリン」は、肝細胞の再生を促し、胆汁酸の分泌を盛んにしてくれるのです。

 

また、「オルニチン」は、肝臓の働きをサポートしてアンモニアの解毒を促します。アンモニアの解毒が促進すると、肝臓の代謝機能が活性化されるため、肝臓に蓄積している中性脂肪が代謝されやすくなります。ただ、この「オルニチン」は、食品からでは僅かしか取れない成分です。

 

これらの2つの成分「タウリン」と「オルニチン」は、しじみに含まれる成分で、「タウリン」は牡蠣にも豊富に含まれています。ただ、これらの成分を毎日、食事などから継続的にとるのは、難しいので、サプリでとられることをおすすめします。

 

でも、どういったサプリがいいのか、わからないですよね。そこで、おすすめするのがこちらの「しじみ習慣」です。この「しじみ習慣」に含まれるしじみエキスには、「タウリン」と「オルニチン」が豊富に含まれています。また、体の成長に欠かせないビタミンB2やアンチエイジングの分野で評価されているビタミンEも含まれており、健康面だけでなく、美容面での働きも注目されています。さらに、亜鉛も含まれており、アルコール摂取によって、アルコールを分解するために、大量の亜鉛を消費するのですが、その亜鉛を摂取してあげることが可能になります。

 

なお、、「しじみ習慣」は、脂肪肝の人以外にも、こんな人におすすめです。

 

  • お酒が次の日に残りやすい
  • 朝の目覚めが悪い
  • 疲れやすい
  • 悪酔いをする
  • 顔色が悪い
  • 2日酔いの回復が遅い
  • 肌の調子が悪い
  • 食欲がない
  • 夜中に目が覚めることが多い

 

↓そのおすすめの「しじみ習慣」はコチラ!↓

 

ビジネスマン

 

最後に、参考までに肝臓サプリのランキングを載せておきますね。参考にしてくださいね。

 

おすすめの肝臓サプリのランキング

 

しじみ習慣

しじみ習慣

  • しじみ健康食品売上1
  • 88.6%の人が満足を実感
  • 定期購入なら10%割引
  • 販売実績290万箱突破

公式HPはコチラ!

 

しじみん

しじみん

  • 特許取得の特別製法で抽出されるカルサイトの力
  • 青森県産のヤマトシジミを使用
  • お酒大好きの吉幾三も絶賛

公式HPはコチラ!

 

レバリズム-L?

  • 満足度97%
  • 静岡産しじみ使用
  • その他に、岡山県産牡蠣エキスと千葉県産スクワレン(深海鮫の肝油に含まれるもの)

公式HPはコチラ!

 

こちらは、脂肪肝に関する参考情報になります。

 

脂肪肝に関する参考情報

 

  • 脂肪肝とは
  • 脂肪肝の原因と症状
  • 脂肪肝と血液検査
  • 脂肪肝の治療法とセルフケア
  • 脂肪肝から肝炎、肝硬変へと病気が進行した場合の特徴的な症状
  • 脂肪肝の他の病気への影響
  • 脂肪肝に良い食事・食品
  • 妊娠に伴う脂肪肝

 

脂肪肝とは

 

肝臓に脂肪がたまり、フォアグラ状態になっている肝臓のことを脂肪肝といいます。現在の統計では、今や日本人の4人に1人が脂肪肝といわれています。健康な肝臓でも3〜5%の脂肪を含んでいますが、5%を超えた場合を脂肪肝といいます。この脂肪肝になっている組織を顕微鏡で見ると、肝細胞内に球状の脂肪が異常に増えているのがわかります。正常な肝臓の脂質は、約3分の2がリン脂質で占められ、主に細胞の膜を構成し、残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になってしまいます。

 

 

以前は軽い病気と考えられてきましたが、しかし最近、脂肪肝が肝硬変や肝臓がんへと進行する可能性があり、さまざまな生活習慣病のリスクが高まることが判明してきました。お酒 を飲まない人や若い女性にも急増しているのがこの脂肪肝です。

 

 

 

脂肪肝の原因と症状

 

食べ過ぎ、運動不足、お酒の飲み過ぎ、肥満

 

脂肪肝とは、中性脂肪が肝臓に蓄積する病気になります。食事で摂った脂質は小腸で吸収され肝臓で脂肪酸に分解され、糖質は小腸でブドウ糖に分解され肝臓で中性脂肪に変化します。

 

脂質 や糖質を摂り過ぎていてさらに運動不足の場合には、使いきれなかった脂肪酸やブドウ糖が中性脂肪として肝臓に蓄えられます。

 

お酒の飲み過ぎでも肝臓に中性脂肪がたまります。これは、アルコールが分解する時、中性脂肪が合成されやすくなるからです。

 

また肥満になると、肝臓での脂肪酸の燃焼が悪くなる ので、やはり肝臓に中性脂肪がたまります。さらに、極端な食事制限など無理なダイエットをした人も肝臓が働かないために起きる「低栄養性脂肪肝」と呼ばれる脂肪肝になることがありま す。

 

お酒を飲まない人の脂肪肝の方が危険

 

実は日本人の脂肪肝の原因で多いのは、飲み過ぎではなく、食べ過ぎによるものです。これを非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と呼びます。

 

NAFLDには、症状が軽く改善しやすい単純性脂肪肝(NAFL)と重症タイプの非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の2種類があります。

 

NASHは放置すると肝硬変、肝細胞がんへと進行することが知られています。また、NAFLもNASHに進行することがあります。

 

脂肪肝の人が全員、重症化するわけではありませんが、早期に発見して、原因となる生活習慣や肥満を改善し、経過観察をすることが重要です。

 

疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとするなどの症状も

 

現在、脂肪肝は、NASHへの進行のほか、狭心症や心筋梗塞など心疾患の合併率が高く、生活習慣病の温床となることがわかってきました。
脂肪肝には痛みなどの自覚症状がありませんが、ただ、脂肪肝になるといわゆる「ドロドロ血」になり血流が悪くなるため、全さ身の細胞に酸素と栄養分が補給されなくなり、疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとするといった症状が出ることもあります。

 

脂肪肝と血液検査

 

血液検査を受けると、脂肪肝かどうかがわかります。以下の血液検査の項目で脂肪肝かどうかがわかります。

 

中性脂肪

 

正常値30-149mg/dL、150mg/dLを超えると高中性脂肪の状態とみなされ、脂肪肝の疑いがあります。

 

ALT(GPT)、AST(GOT)

 

どちらも正常値30IU/L以下、肝細胞中に存在している酵素の1つで、アミノ酸やエネルギー代謝に関係しています。ALTや ASTの数値が高いということは、何らかの原因(脂肪肝も含まれる)で肝臓の細胞が破壊されていることを示します。

 

y-GTP

 

正常値 50IU/L以下で、肝酵素の1つでたんぱく質の分解・合成に関係していて、数値が高いほど肝細胞の破壊の程度が大きいことを示します。また、アルコー ルの摂取で高値になりやすいようです。もし数値が100IU/L以上の場合は、脂肪肝の進行が疑われ、さらなる検査が必要だと判断される場合があります。

 

脂肪肝の治療法とセルフケア

 

生活習慣が原因の脂肪肝は、生活習慣を改善すれば治ります。食事療法、運動、禁酒を行い、体重を2kg減らしただけで、肝臓にたまった中性脂肪が減り、肝機能が回復します。

 

内臓脂肪や皮下脂肪と違って一番大きな違いは、肝臓についた脂肪はとれやすいことです。しかし、一方で脂肪は肝臓からつくという特徴があります。一時的に脂肪が減っても、生活習慣が 元に戻れば再発します。再発した脂肪肝はNASHに進みやすい傾向があるので、悪い生活習慣を断ち切るようにしましょう。

 

低カロリー、低脂肪食にするために、果物やごはん、パン、麺類など糖質を摂り過ぎない

 

脂肪肝の治療のために一番気を付けたいのは糖質です。日常的に糖質を摂り過ぎていると、脂肪肝になりやすいことがわかっています。特に果物の果糖は吸収がよく、肝臓で中性脂肪になりやすいため、注意 が必要です。また、ごはん、パン、麺類は、ほんの一口残すだけで、1ヶ月に500g、4ヶ月で2kg減量できると言われています。果物は、旬の味わいとして楽しむ程度がオススメです。

 

緑茶を飲んで脂肪肝を予防

 

ストレスや喫煙、紫外線などから発生する活性酸素を浴び続けると、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の発症に影響を 及ぼします。緑茶に含まれるカテキンが体内、特に肝臓で発生する活性酸素を消去してくれることがわかってきました。メタボリック症候群にもいいという研究 もあるので、脂肪肝予防にも効果的です。

 

野菜→たんぱく質→炭水化物の順番に食べる

 

食事によって血糖値が急上昇すると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが大量に分泌されます。インスリンは余った糖を中性脂肪として蓄えるため、脂肪肝を防ぐには、血糖値を急激に上げないことが大切です。

 

野菜のおかず→肉・魚のおかず→ごはん(炭水化物)の順番に、よく噛んで食べれば、血糖値の上昇が穏やかになり、インスリンの分泌が抑えられます。

 

アルコールの飲みすぎを止める

 

日本ではアルコール肝障害の人が200〜300万人いると言われていますが、そのもっとも初期段階がアルコール性脂肪肝だと言えるようです。

 

脂肪肝を改善する上で、大事なことはアルコールを飲みすぎないことです。1日のアルコール摂取量は、アルコール換算で一日に2合までとし、週に2日程度の休肝日を設けることが必要です。

 

スクワットなどで筋肉をつけ太りにくい体に

 

脂肪は筋肉で燃えるため、脂肪肝の改善には筋肉をつけることが大切です。軽い筋トレは、肝機能の改善につながり、インナーマッスルを鍛えれば基礎代謝が増えて、太りにくい体になります。スクワットなどの運動をぜひ習慣にしましょう。

 

理想は、毎日20分以上の有酸素運動です。最大運動強度の60〜70%程度の運動療法を週3回以上(1日の運動を数回に分けて行っても効果はある)やることが理想となります。

 

なお、最大運動強度の60〜70%程度とは、運動をしているときに「ややきついと感じるが、息が切れるまでではない」状態が目安です。少し汗をかき、いつまでも続けられる運動、例えば、ウォーキングやサイクリング、スイミングなどがオススメです。

 

脂肪肝から肝炎、肝硬変へと病気が進行した場合の特徴的な症状

 

脂肪肝から肝炎、肝硬変へと病気が進行した場合、以下の様な特徴的な症状が現れてきます。

 

  • 尿の色が濃い
  • むくみ(体がむくむ)
  • 腹水
  • 疲れやすい・体がだるい(倦怠感)
  • 食欲がない(食欲不振)
  • 熱っぽい(発熱・微熱)
  • 黄疸(おうだん)
  • 手のひらが赤くなる(手掌紅斑)
  • クモ状血管拡張(くも状血管腫)
  • かゆみ
  • 女性化乳房

 

脂肪肝の他の病気への影響

 

肝臓で余った中性脂肪が肝臓に蓄積し、脂肪肝につながるだけでなく、糖尿病や高血圧、腎障害にも関係するおそれがあるようです。

 

脂肪肝に良い食事・食品

 

脂肪肝に良い食事・食品は、タウリンを含む食事・食品です。これは、肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがありますが、タウリンを含む食品を摂取するによって胆汁酸の分泌が増え、血液中のコレステロール値も下がるからです。

 

なお、タウリンには、酵素の働きを助ける働きがあるので、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。また、タウリンには、腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能をUPさせてくれます。

 

さらに、タウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして脂肪肝を良くする働きがあるのです。タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。さらに肝臓から脂肪を外に排出する働きをしてくれますので、食事療法としては、タウリンを含むカキなどを食事に取り入れることが重要です。

 

タウリンを多く含む食品

 

以下のように、タウリンは、イカ、タコ、貝類などに多く含まれています。

 

食品100gあたりのタウリン含有量(単位:mg)

 

<魚類>

  • 真ダコ 900〜1670
  • やりいか 700
  • カツオ 160〜830
  • 鰤(ぶり) 180〜670
  • 真アジ 230
  • 秋刀魚(さんま) 180
  • 鰯(いわし) 170
  • 鯖(さば) 170
  • 虹鱒(にじます) 70
  • キングサーモン 55
  • 鮪(まぐろ)の赤身 32
  • メバチの中トロ 8

 

<貝類>

  • サザエ 1500
  • ホタテ 670〜1000
  • 牡蠣(かき) 70〜1180
  • 蜆(しじみ) 32
  • アサリ 210〜420
  • ミル貝 730
  • 蛤(はまぐり) 550

 

妊娠に伴う脂肪肝

 

妊娠後期(35〜40週くらい)に、急性妊娠脂肪肝が起きることがあると言われています。急性妊娠脂肪肝は、脂肪の肝臓への沈着が急激に起き、その結果急激な肝障害が起きる病気です。

 

急性妊娠脂肪肝が発症すると、急激に症状が進み母子ともに生命の危険が生じ、急性腎不全、脳炎、腸管出血、膵炎、凝固系異常、妊娠高血圧症などの合併症が起きることがありますので、急性妊娠脂肪肝は早期に発見することが重要だと言われています。